2011年05月09日

サイズについて

個人でフィギュアを造形する場合、大きさにはそれほどこだわる必要はありません。
造りやすそうな適当な大きさにすれば良いと思います。

大きさを気にせずに、自由に造形をしてみることが大切なことだと思います。

それでもやはりはじめは、何かの基準がある方がいいと思われるかもしれません。

どのくらいの大きさがいいのかなと迷ったときには、全高約20センチになるようにすることをお勧めします。

このサイズはフィギュアでよく使われる、1/8サイズの大きさとなります。

もちろんこれは、全身造形で極端なデフォルメがなされていないフィギュアの場合です。

身長165センチの女性を8分の1の大きさにすると、約20センチになりますので、このくらいの大きさから始めるのが良いでしょう。

フィギュアの世界でよく使われる縮尺は、1/12、1/8、1/6あたりです。

しかし、個人でフィギュア造形を行う場合に、これらの縮尺を必ず守らなければいけないということはありません。

これらの縮尺は、フィギュアメーカーやフィギュアディーラーの製品ラインナップや製造コスト、大きさの手頃感などから使われ始めたものだろうと思います。

したがって、職業原型師やシリーズ展開などを考えているディーラー原型師以外は、これらの縮尺に縛られる必要はまったくないのですが、確かに全高20センチほどという1/8サイズは、手頃な大きさであることに間違いはありません。

また、現実に世の中に出回っているフィギュア製品も多くがこの縮尺を採用していることもあり、自作のフィギュアをいっしょに並べたり、あるいは製品フィギュアを造形の参考にしてみたりする場合にも、都合の良い大きさです。

もちろん、1/12サイズや1/6サイズでフィギュアをつくり始めてもかまいません。

しかし、この両者とも、1/8に比べれば作業的に難しくなります。

1/12では、頭部等の造形が極端に細かくなります。
細かすぎる造形は、はじめのうちは避けた方が良いでしょう。

1/6以上では全体のサイズが大きくなりすぎて、造形周辺作業が行いにくくなります。

造形作業そのものは面積が広がっても、ディティールをどこまで入れていくのかの違いだけでそれほど他のサイズと変わりはないのですが、フィギュアの各パーツが大きくなるために、例えばオーブンに入りにくくなったりします。

伸ばした脚のようなパーツや広げたマントのようなパーツ等では、1/8サイズでは考えなくても良いような熱変形なども考慮しなければいけなくなります。

このような造形そのものとはあまり関係なく、サイズを小さめにするだけで防げるような問題は、はじめのうちは考えないようにして造形作業に集中するべきだと思います。

これらの理由から、1/8以外のサイズは、はじめのうちは選択するべきではないと考えます。

上記したように、個人でフィギュア造形を行う場合は、縮尺にこだわる必要はありません。

しかし、もし迷った場合には、できるだけ1/8サイズ程度にしてください。
作業的にも大きさ的にも、最適なサイズになるでしょう。

posted by fgdiary at 18:32| Comment(5) | 日記

フィギュアの芯をつくる(1)

前回までに説明した素材と道具だけでは、フィギュア原型を完成させることは難しいかもしれません。
この先にまだ、いくつかの素材と道具が必要になるでしょう。

しかし、それらを揃えるために作業開始を遅らせるよりは、とりあえず必要なものだけを揃えて、少しでも早く粘土を触り始めるべきです。

粘土造形に必要なものは数々ありますが、何よりも大切で必要なことは、粘土の感触を指先に覚えさせることだと、私は思います。

なるべくたくさんの時間、粘土を触り続けて、その感触をいつでも思い出せるほどにまでなれば、始めは思い通りにならない粘土がいつの間にか指の間で自由自在にカタチを変えるようになるものなのです。

指先に感じる粘土の感触が自分のものになれば、そのとき始めて様々な道具が効果を発揮するようになるでしょう。

まずはとにかく、粘土をたくさん触わることから始めましょう。

スカルピー(ここではグレイスカルピー)は、パッケージを開封したままの状態では固くて少し使いにくいので、実際に造形に使う前に練らなければなりません。
グレイスカルピーはスーパースカルピーに比べれば柔らかいので、練る時間や労力は比較的少なくて済みますが、それでも作業前にある程度練っておいた方が良いでしょう。

グレイスカルピーを開封する場合、巻き付けられているビニール膜を全て取ってしまうのではなく、とりあえず使用するだろうと思われる量だけ、パッケージ状態のままナイフで切り取ってしまう方が良いと思います。

006-01.jpg
(パッケージのまま切断したスカルピー)

こうすることにより、残りのスカルピーの保存状態が良くなります。
数ヶ月単位で放っておく場合以外は、この状態のままでかまいません。

むき出しのまま残ったスカルピーも、数週間くらいであれば何も保存対策を取らなくても大丈夫ですが、やはり粘土に含まれる溶剤は少しずつ揮発するものなので、できれば保存容器(タッパーウエア等のプラスチック容器)に入れて保管する方が良いでしょう。

この保存管理の容易さは、石粉粘土と比べた場合の、スカルピーの大きなメリットです。

006-02.jpg
(むきだしのスカルピーは保存容器で保管)

パッケージ状態のスカルピーからある程度の量を切り取ったら、とにかく練ってみましょう。

固い粘土が、どんどん柔らかくなっていく感触が味わえるはずです。
スカルピーは、よほど柔らかくならない限り、手に粘り着くようなことはありません。

握ったりつぶしたり、つまんだりひねったりしてみてください。
指を押しつければ指紋さえもはっきりと転写できるくらいのキメの細かさを、確認してみてください。

できるだけじっくりと練っていただき、ご自分がこれから使う粘土の感触を試してみてください。

本当は、このまま手に取った粘土で自由にお好きなカタチをつくっていただきながらどんどん粘土に慣れてください、とお勧めしたいところですが、このブログは一応フィギュア製作を目的にしているわけですので、さっそく次の行程に進むことにします。

フィギュア製作でまず始めに行うことは、「芯」をつくることです。

本来は芯の前に、何をつくるのかを決定してデザインを起こしたり、あるいは版権物ならば資料を集めてポーズ決定したりと、粘土を手に取る前にやるべきことが多々あります。

それらについてはいずれお話させていただくつもりですが、今はとにかく、これから長くお付き合いすることになる粘土に慣れ親しんでもらいたいという目的で、実作業を始めてしまおうと思います。

柔らかくなった粘土を、以下の画像のような塊に分けます。

006-03.jpg
(スカルピーの塊で人体の各パーツを分ける)

これらの塊をアルミ線で接続したものが、フィギュア(人体全身造形)の素になります。

画像では大きさがはっきりしていませんが、ほぼ全高20センチです。

posted by fgdiary at 18:30| Comment(8) | 日記