2011年05月09日

フィギュアの芯をつくる(1)

前回までに説明した素材と道具だけでは、フィギュア原型を完成させることは難しいかもしれません。
この先にまだ、いくつかの素材と道具が必要になるでしょう。

しかし、それらを揃えるために作業開始を遅らせるよりは、とりあえず必要なものだけを揃えて、少しでも早く粘土を触り始めるべきです。

粘土造形に必要なものは数々ありますが、何よりも大切で必要なことは、粘土の感触を指先に覚えさせることだと、私は思います。

なるべくたくさんの時間、粘土を触り続けて、その感触をいつでも思い出せるほどにまでなれば、始めは思い通りにならない粘土がいつの間にか指の間で自由自在にカタチを変えるようになるものなのです。

指先に感じる粘土の感触が自分のものになれば、そのとき始めて様々な道具が効果を発揮するようになるでしょう。

まずはとにかく、粘土をたくさん触わることから始めましょう。

スカルピー(ここではグレイスカルピー)は、パッケージを開封したままの状態では固くて少し使いにくいので、実際に造形に使う前に練らなければなりません。
グレイスカルピーはスーパースカルピーに比べれば柔らかいので、練る時間や労力は比較的少なくて済みますが、それでも作業前にある程度練っておいた方が良いでしょう。

グレイスカルピーを開封する場合、巻き付けられているビニール膜を全て取ってしまうのではなく、とりあえず使用するだろうと思われる量だけ、パッケージ状態のままナイフで切り取ってしまう方が良いと思います。

006-01.jpg
(パッケージのまま切断したスカルピー)

こうすることにより、残りのスカルピーの保存状態が良くなります。
数ヶ月単位で放っておく場合以外は、この状態のままでかまいません。

むき出しのまま残ったスカルピーも、数週間くらいであれば何も保存対策を取らなくても大丈夫ですが、やはり粘土に含まれる溶剤は少しずつ揮発するものなので、できれば保存容器(タッパーウエア等のプラスチック容器)に入れて保管する方が良いでしょう。

この保存管理の容易さは、石粉粘土と比べた場合の、スカルピーの大きなメリットです。

006-02.jpg
(むきだしのスカルピーは保存容器で保管)

パッケージ状態のスカルピーからある程度の量を切り取ったら、とにかく練ってみましょう。

固い粘土が、どんどん柔らかくなっていく感触が味わえるはずです。
スカルピーは、よほど柔らかくならない限り、手に粘り着くようなことはありません。

握ったりつぶしたり、つまんだりひねったりしてみてください。
指を押しつければ指紋さえもはっきりと転写できるくらいのキメの細かさを、確認してみてください。

できるだけじっくりと練っていただき、ご自分がこれから使う粘土の感触を試してみてください。

本当は、このまま手に取った粘土で自由にお好きなカタチをつくっていただきながらどんどん粘土に慣れてください、とお勧めしたいところですが、このブログは一応フィギュア製作を目的にしているわけですので、さっそく次の行程に進むことにします。

フィギュア製作でまず始めに行うことは、「芯」をつくることです。

本来は芯の前に、何をつくるのかを決定してデザインを起こしたり、あるいは版権物ならば資料を集めてポーズ決定したりと、粘土を手に取る前にやるべきことが多々あります。

それらについてはいずれお話させていただくつもりですが、今はとにかく、これから長くお付き合いすることになる粘土に慣れ親しんでもらいたいという目的で、実作業を始めてしまおうと思います。

柔らかくなった粘土を、以下の画像のような塊に分けます。

006-03.jpg
(スカルピーの塊で人体の各パーツを分ける)

これらの塊をアルミ線で接続したものが、フィギュア(人体全身造形)の素になります。

画像では大きさがはっきりしていませんが、ほぼ全高20センチです。

posted by fgdiary at 18:30| Comment(8) | 日記
この記事へのコメント
更新楽しみにしています。
頑張ってください


早速ですが、質問です。
腰や胸にあたる部分の芯の厚みなどはどの位がいいんでしょうか?
Posted by 妖精 at 2011年05月12日 17:36
かなり遅い進行ですが、どうかあきれずにお付き合いくださいませ。
芯についてですが、次回以降の記事で詳細がわかりやすい画像を改めて掲載しますね。
Posted by 松村克也 at 2011年05月13日 22:37
1/6は何センチ何ですか
Posted by at 2013年01月08日 10:13
レディース 時計 時計 機械 http://www.ssxwg.info/
Posted by 時計 機械 at 2013年07月28日 04:00
長財布
めがね http://www.tyszh.com/
Posted by めがね at 2013年09月14日 17:25
Thanks for a marvelous posting! I actually enjoyed reading it, you may be a great author.I will always bookmark your blog and will often come back at some point. I want to encourage you to continue your great job, have a nice morning!
Posted by ナイキスニーカー at 2013年09月18日 07:07
100% ホット !私は本当にこの靴が大好き.
Posted by モンクレールアウトレット at 2013年10月10日 23:53
このポストは気難しい実りの設計とすべての新しい PHP 関連 web プログラマ。彼らはそれを読むし、演習を実行する必要があります。
Posted by モンクレール 2013 at 2013年10月10日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: