2011年05月09日

サイズについて

個人でフィギュアを造形する場合、大きさにはそれほどこだわる必要はありません。
造りやすそうな適当な大きさにすれば良いと思います。

大きさを気にせずに、自由に造形をしてみることが大切なことだと思います。

それでもやはりはじめは、何かの基準がある方がいいと思われるかもしれません。

どのくらいの大きさがいいのかなと迷ったときには、全高約20センチになるようにすることをお勧めします。

このサイズはフィギュアでよく使われる、1/8サイズの大きさとなります。

もちろんこれは、全身造形で極端なデフォルメがなされていないフィギュアの場合です。

身長165センチの女性を8分の1の大きさにすると、約20センチになりますので、このくらいの大きさから始めるのが良いでしょう。

フィギュアの世界でよく使われる縮尺は、1/12、1/8、1/6あたりです。

しかし、個人でフィギュア造形を行う場合に、これらの縮尺を必ず守らなければいけないということはありません。

これらの縮尺は、フィギュアメーカーやフィギュアディーラーの製品ラインナップや製造コスト、大きさの手頃感などから使われ始めたものだろうと思います。

したがって、職業原型師やシリーズ展開などを考えているディーラー原型師以外は、これらの縮尺に縛られる必要はまったくないのですが、確かに全高20センチほどという1/8サイズは、手頃な大きさであることに間違いはありません。

また、現実に世の中に出回っているフィギュア製品も多くがこの縮尺を採用していることもあり、自作のフィギュアをいっしょに並べたり、あるいは製品フィギュアを造形の参考にしてみたりする場合にも、都合の良い大きさです。

もちろん、1/12サイズや1/6サイズでフィギュアをつくり始めてもかまいません。

しかし、この両者とも、1/8に比べれば作業的に難しくなります。

1/12では、頭部等の造形が極端に細かくなります。
細かすぎる造形は、はじめのうちは避けた方が良いでしょう。

1/6以上では全体のサイズが大きくなりすぎて、造形周辺作業が行いにくくなります。

造形作業そのものは面積が広がっても、ディティールをどこまで入れていくのかの違いだけでそれほど他のサイズと変わりはないのですが、フィギュアの各パーツが大きくなるために、例えばオーブンに入りにくくなったりします。

伸ばした脚のようなパーツや広げたマントのようなパーツ等では、1/8サイズでは考えなくても良いような熱変形なども考慮しなければいけなくなります。

このような造形そのものとはあまり関係なく、サイズを小さめにするだけで防げるような問題は、はじめのうちは考えないようにして造形作業に集中するべきだと思います。

これらの理由から、1/8以外のサイズは、はじめのうちは選択するべきではないと考えます。

上記したように、個人でフィギュア造形を行う場合は、縮尺にこだわる必要はありません。

しかし、もし迷った場合には、できるだけ1/8サイズ程度にしてください。
作業的にも大きさ的にも、最適なサイズになるでしょう。

posted by fgdiary at 18:32| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
自分はフィギュア製作に関しては初心者以下も同然なので色々と勉強させてもらってます。

更新楽しみにしています^^
Posted by ダブルオークイント at 2011年05月12日 17:35
どんなことでも、誰でも、何かを始めるときは初心者ですよね。
私も、造形を始めた頃には迷うことばかりでした。
その頃のことを思い出して、もう一度勉強し直すつもりで書いています。
ゆっくりですが、いっしょに楽しみながら造形しましょう。

Posted by 松村克也 at 2011年05月13日 22:33
自分もダブルオークイントさんと一緒でフィギュアの作製に関してはまるっきり素人なので、                      更新、楽しみにさせていただいてます。^^
Posted by しゅっくん at 2011年05月16日 01:45
こんにちは。
できるだけ、初めての方でもわかるような記事にしていきたいと思っていますので、わからないことがあれば遠慮なく教えてください。
私にわかる範囲でお答えさせていただきますね。
コメントの返信が、なかなかすぐにはできないかもしれませんが、どうか気長に気楽に、おつきあいをお願いします。
Posted by 松村克也 at 2011年05月21日 03:04
1/6スケールの場合何センチですか
Posted by at 2013年01月08日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: