2011年10月06日

フィギュアの造形的基準について

人間の身体には、骨が埋め込まれています。

骨ですから、これは固くて変形しません。

人体造形全てで言えることですが、固くて変形しない骨が造形時の基準になります。

粘土は柔らかくていくらでも変形させられるので、どこかで基準を見つけないと、どこまで変形させていいのかがわからなくなってしまいます。

「ここから先はヘコませると不自然になる」という境界を、骨の表面に求めるわけです。

これは、デフォルメされた2次元イラストを立体化する場合にも、当てはめることができます。

デフォルメされた2次元イラストの人体には、それに合ったデフォルメが施された骨が内部に埋め込まれている、と考えて造形をした方が、より自然な立体となるでしょう。

人体そのものを造形する場合の基準は骨になりますが、次の段階の、衣服を造形する場合には、今度は人体の表面である皮膚面が基準になります。

皮膚面を超えて彫り込んでしまったり、あるいは皮膚面にまで届かないシワなどを造形してしまうと、不自然になります。

このために、できれば人体造形は、まず素体であるヌードモデルを製作して一度硬化させてから、その表面を基準にして衣服を製作していけば、不自然な造形になりにくくなるということが言えます。

もちろん皮膚面は柔らかくて弾力があるので、固い面として捉えるだけでは自然な造形にならないということはありますが、いきなり衣服着用の人体を製作するよりも、自然な造形ができることは間違いありません。

この論で行けば、身体も、まずは骨を作ってからその表面を基準にして造形、ということになります。

しかし、あまりそういうことをしているフィギュア造形を見かけることはありません。

なぜでしょうか?

手っ取り早く言ってしまえば、そこまで本物の人体骨格にこだわる必要がない、ということになります。

前述の基準の話とは矛盾しているように思われるかもしれませんが、わざと人体骨格の基準を外してしまった方が、フィギュアではよりカッコ良く見える場合があるのです。

ここが、デッサンの学習として行う美術彫刻とフィギュアの違い、と言えるかもしれません。

美術彫刻は正確な人体の再現を目的にする(語弊があるのは承知の上で)リアル指向であることに対し、フィギュアは正確さよりも、より「記号」を重要視する、とでも言えばいいのでしょうか。

正確な人体バランスよりも、カッコ良いと思える記号を重要視する。

例えば、平均的な人体より腕が短かかったとしても、それでカッコ良く見えるのならば、フィギュア造形ではそうするべきなのです。

この「記号」を重要視した結果が、アニメキャラクターの眼の大きさであったり、2頭身であったりするのです。

しかし、だからといってフィギュア造形時に、人体造形の基準となる骨の存在を忘れてもいいかと言えば、決してそうではありません。

フィギュア造形においても、やはり骨は、重要な基準となります。

正確さを期すためにではなく、不自然さをなくす基準として、骨の存在は常に頭に置いておかなくてはなりません。

一例として、頭蓋骨の頬骨を考えてみましょう。

頬骨は、頭部造形時の重要な基準となる、眼のななめ下外側の出っ張った部分です。

どれほどデフォルメされたキャラクターであったとしても、頬骨の存在を無視したものはありません。

この部分が上手く表現できているかどうかで、キャラクターの可愛さやカッコ良さも違ってきます。

無視してしまうとカッコ良いどころか、不自然になってしまう基準、という意味で、骨はやはり大きな基準となるのです。

では、どの骨を重要視してどれを基準から外すか? という問題ですが、これは簡単には説明できません。

はっきり言ってしまえば、造形者のセンスと判断です。

これからフィギュア造形をしようとするならば、このセンスと判断力を磨かなければなりません。

そうすることにより、フィギュアをよりフィギュアらしく造形できるようになるのです。

では、このセンスというものは、どのように勉強していけばいいのでしょうか。

センスをどう磨くか、という問題をきちんと解説した文献は、おそらくほとんどないと思われます。

なぜなら、これは解説不能の問題であり、個々人がどう生きてきたかに関わる事柄であるからです。

加えて、もしセンスを完全に解説できたとしても、それを文献にして発表しようとする表現者は現れないとも思います。

技術や手法は、学習や訓練によってある程度は誰にでも習得できるものです。

しかし、センスはそれができない、いわば表現者にとっての最後の砦なのです。

小説を例に挙げるとわかりやすいと思いますが、文字は誰にでも書くことができます。

しかし、その文字の羅列を、小説という形でひとつの独自世界を構成するまでに昇華するには、センスが必要です。

このセンスを解説してしまうことは、小説家にとっては最大の武器(もっと言えば、飯の種)を公開してしまうことと同義なのです。

おそらく同じことが、フィギュア造形にも言えるのではないでしょうか。

したがってセンスは、各自が自分で見つけ出したり創り出したりしなければいけないものなのです。

それぞれが自分だけのセンスを見つけ出すからこそ、それが個性となり、ひいては商品価値にまでなっていくのです。

ひとつだけ言えることは、これからセンスを磨きたいと思うなら、映画、小説、絵画、彫刻、アニメ、もちろんフィギュアも、とにかくいろいろな作品に触れることだと思います。

どうして造形に映画が必要なのか、と問われると、なかなか納得のいく答えを返すことは難しいのですが、簡単に言えば、自分は何が好きなのか、どういうものがカッコ良いと思うのか、美しいと思う物がどのようなものなのか、ということを、できるだけはっきりと自覚するため、と言えるでしょう。

逆に言えば、様々な作品に触れることにより、自分には向いていないなと自覚できる、逆センスともいうべき感覚も得ることができるようになるでしょう。

この両方をはっきりさせておけば、センスはさらに磨かれていきます。

こうしたい、と思うと同時に、こうはしたくない、という感覚も、重要な要素となるからです。

簡単なことではないのですが、この部分を意識しながら様々な作品に接していけば、自分の好みがはっきりとし、それがセンスや個性と直結していくことになると、私は考えます。

正確なデッサンよりも、記号というあいまいなものを相手にするフィギュア造形は、造形者のセンスが問われる、言うならば総合造形と言ってしまってもいいような分野であると思います。

これからフィギュア造形を始めようと考えている方々には、できるならば食わず嫌いをせずに、たくさんの様々な作品に触れてほしいと思います。
posted by fgdiary at 15:11| Comment(16) | 日記
この記事へのコメント
全く仰る通りだと思いました。
音楽演奏でも譜面を読めなくても,演奏や歌唱は出来ますが
やはり基本的な知識を知っておけば,基準からどのくらい
外せば面白いとか,逆に外している様だけど基準を踏まえている
といった説得力のあるモノが誕生するのだと感じてます。

口で言うのは簡単ですが(笑)いつもその事を
念頭において造形して行きたいものですね。
Posted by 盛綱陣矢 at 2011年10月14日 15:05
次回の更新はいつになるのでしょうか?

楽しみに、待って居ます
Posted by ブロッコリー at 2012年06月25日 18:55
fg/cgの運営が変わってから、当方に一切の連絡が無くなり、すでに送付してる数回分の原稿も更新していただいておりません。
新運営には、このコーナーを継続する意志がないと判断せざるを得ません。
とても残念ですが、このブログでの記事掲載は、終了させていただきます。
ただ、せっかく始めた制作記事ですので、個人的には継続して、いつか違う場所で再開したいと考えています。
短い間でしたが、読んでいただき、ありがとうございました。
またどこかで、お会いしましょう。
Posted by 松村克也 at 2012年11月02日 15:10
腕時計 ブランド 男性
デュベティカ 激安 http://www.bootsbenefit.com/
Posted by デュベティカ 激安 at 2013年09月04日 19:38
イーグルアイネット通販
デュベチカ 青山 http://www.bootsbetween.com/
Posted by デュベチカ 青山 at 2013年09月04日 19:38
ガルーチ 時計
duvetica online shop http://www.bootsbackward.com/
Posted by duvetica online shop at 2013年09月04日 20:48
トレーサー 腕時計
ディベティカ ダウン http://www.bootsblackboard.com/
Posted by ディベティカ ダウン at 2013年09月04日 20:49
iPadのファイルは無意識のうちに削除したり、紛失したという状況がありますか?この時iPad回復ソフトが必要です。「iPad復元」は、失われたノート、写真、ビデオ、連絡先、カレンダーなどバックアップからプレビュー表示と復元可能です。
詳しく操作はこちらへ
http://www.transfer-iphone-recovery.jp/recover-deleted-files-from-ipad.html
Posted by iPad データ 復元 at 2013年10月15日 15:25
fgスーパーテクニック 〜プロから技術を盗もう〜
free marlboro cigarette coupons http://www.gallerythreshold.com/cigarette/free-marlboro-cigarette-coupons.html
Posted by free marlboro cigarette coupons at 2013年12月17日 02:06
fgスーパーテクニック 〜プロから技術を盗もう〜
marlboro cigarette prices in virginia http://www.radiosit.com/demoshop/cigarettes/marlboro-cigarette-prices-in-virginia.html
Posted by marlboro cigarette prices in virginia at 2013年12月20日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: